肩こり頭痛にピップエレキバン

私は20代の頃から片頭痛と肩・首こりに煩わされている。
頭痛が来る前兆として首のつけ根に近い場所が盛りあがってきて、首がまわらなくなる。
いつも、パソコンなどで疲れを感じると首をバキッと鳴らして一瞬の快楽を得るのだが、頭痛が近くなると首が鳴らなくなる。すると、翌日から決まったように目の奥底から頭痛がやってくるのだ。こうなると、頭痛薬も大して効果がない。4、5日の間、鎮痛消炎湿布と頭痛薬と整体治療などのお世話になり乗り切るのだ。
しかし、専業主婦となった今、そう頻繁にマッサージ代を家計から使うわけにはいかない。
そこで、最近は整体の先生から聞いた方法でかなり安価に凌げるようになった。
それは、ピップエレキバン。
昔からあるもので、鎮痛薬などのように痛みに直接効果を感じにくく、最初は半信半疑だったのだが、数日貼っていると頭痛を回避できるようになってきた。
貼る場所は、押して痛いところと押して気持ちがいいところだ。
何箇所でもいいからとにかく貼りまくる。
そして、大事なことは、翌日、また痛みの場所が多少変わっていることもあるので、貼りかえるのだ。さらに、このピップエレキバンは永久磁石なので、シールをはがしてまた、同じものを使えばいいという。
確かに100円ショップに張り替え用のシールが売っていた。
1000円くらいのピップエレキバンを使い回しすればいいことになったので、家計にも優しく心苦しさもなくなった。
とどめに、ストレッチをするといいような気がする。
片頭痛もちの方にぜひ試していただきたい。